次回の予定 Upcoming

企画展 琳派リフレイン 山本太郎と芸艸堂
Special exhibition Rimpa Refrain Taro Yamamoto and Unsodo

2024.08.06(火) ~ 2024.11.10 (日)

江戸時代初期に京都の町衆から生まれたアートである琳派。俵屋宗達、尾形光琳、酒井抱一、そして神坂雪佳。琳派にはおよそ100年ごとにその時代を代表する画家が現れ、それは400年以上に及ぶ日本初のアートムーブメントとして捉えることもできます。
その歴史の中では“風神雷神”をはじめ、俵屋宗達の「鶴下絵三十六歌仙和歌巻」、尾形光琳の「燕子花図屏風」といった同じモチーフをリフレインする(繰り返す)という手法が受け継がれてきました。山本はその手法を用い独自の世界を創造しています。
本展では、尾形光琳の「燕花図屏風」に着想を得、アンディ・ウォーホルの《Flowers》シリーズをオマージュした新シリーズ《Flowers Iris》と、近年の作品を中心に展覧します。また、日本唯一の手摺木版和装本出版社である芸艸堂の協力のもと、山本がこれまでもオマージュ作品を制作してきた神坂雪佳、中村芳中の作品を合わせて展示いたします。近代琳派の作品と山本の作品を比較してご覧いただくことで、山本が先人の志と意匠を継承しながらも、独自の表現で新たな作風を生み出していく姿勢、その魅力を感じていただけますと幸いです。

  • 山本太郎《Flowers Iris Azure background》紙本紺碧地着色 2024年 撮影=伊藤信
  • 山本太郎《Flowers Iris Tricolor》紙本銀地着色 2024年 撮影=伊藤信
  • 山本太郎《Flowers Iris Pink background》紙本着色 2024年 撮影=伊藤信
  • 《Flowers Iris》紙本金地着色 2024年 撮影=伊藤信

山本太郎
1974年熊本生まれ。京都造形芸術大学(現京都芸術大学)卒業。大学在学中に、寺社仏閣とファーストフード店が至近距離で混在する京都に感銘を受け、伝統と現代、異質な文化が同居する「ニッポン画」を提唱。日本の古典絵画と現代の風俗が融合した絵画を描き始める。京都美術工芸大学特任教授。2015年京都市芸術新人賞、京都府文化賞奨励賞受賞。

芸艸堂
明治24(1891)年、美術書出版社として京都で創業。日本で唯一の手摺木版本を刊行する出版社として、後世に残すべき書籍を出版し、日本文化の継続に寄与する。オフセット印刷が主流になった今も、伝統的な木版画の彫りと摺りの技術を継承する職人達と木版印刷による本と木版画の制作を続けている。

展覧会基本情報 Information

開館時間:10:00〜18:00(⼊館は17:30まで)

Opening hours 10:00-18:00(Admission until 17:30)

休館⽇:毎週⽉曜⽇(祝休⽇の場合は翌平⽇)

Closed Every Monday,Closed due to the installation of exhibits,New Year's Holiday Closure

入館料:⼀般1000円、⼤学・⾼校・中学⽣700円、⼩学⽣以下無料 ※障がい者手帳などお持ちの方は700円

Admission: Adult 1,000 yen ・Students 700 yen ・Elementary school students or younger Free

主催:ZENBI -鍵善良房-・京都新聞
Organizer: ZENBI(Kagizen Art Museum)・Kyoto Shinbun


企画:井村優三(イムラアートギャラリー)
Produce: Imura Yuzo(Imura Art Gallery)


特別協力:美術書出版株式会社芸艸堂
Special thanks:Woodblock print Unsodo


協力:ANA ART TRANSIT・京都美術工芸大学
Cooperation:ANA ART TRANSIT・Kyoto University of Arts and Crafts

関連イベント Event