次回の予定 Upcoming

美しいお菓子の木型 ―手のひらの宇宙

2021.11.20(土) ~ 2022.04.03 (日)

 — 菓子屋の宝物
 口の中でほどけるように溶けるとふわりと優しい甘みが広がります。鍵善良房に江戸時代から伝わる和三盆糖のお菓子、菊寿糖。桜の木で造られた菓子木型に和三盆糖を詰め、熟練の職人がこんと打ち出すと、細く繊細な花びらの一枚一枚までが美しく現れます。驚くことに、その材料や製法は300年近くほとんど変わっていません。
 菓子木型は美しい和菓子の形を決める大切な要です。季節の花々、吉祥の文様、時には注文に応じて意匠を凝らすこともあります。大小さまざまな木型には日本特有の美意識が宿り、一つの菓子が生み出されるまでの物語と、職人たちの思いが込められています。
 そんな精緻な菓子木型を作る職人は、日本国内でわずか数名のみという厳しい現状があります。ほんの小さな世界に広がる夢の世界を、どうか未来に伝え残せますようにとの願いをこめて、本展では、鍵善に残る多数の木型とともに、岡山の菓子木型彫刻 京屋所蔵の貴重な資料をご紹介します。

  • 打出し型 《蓬莱山》
  • 二枚型 《ねじり梅》
  • 二枚型 Antoinette Poisson《HANA》2018 年
  • 和三盆糖 《菊寿糖》

展覧会基本情報 Information

開館時間:10:00〜18:00(⼊館は17:30まで)

Opening hours 10:00-18:00(Admission until 17:30)

休館⽇:毎週⽉曜⽇(祝休⽇の場合は翌平⽇)

Closed Every Monday,Closed due to the installation of exhibits,New Year's Holiday Closure

入館料:⼀般1000円、⼤学・⾼校・中学⽣700円、⼩学⽣以下無料 ※障がい者手帳などお持ちの方は700円

Admission: Adult 1,000 yen ・Students 700 yen ・Elementary school students or younger Free

特別協力:田中一史(菓子木型彫刻 京屋)
Special thanks: Kazushi Tanaka


-----
会期中に以下の日程で展示替えを行います。
①11/20(土)-1/16(日)
②1/18(火)-2/27(日)
③3/1(火)-4/3(日)
-----


主催:ZENBI -鍵善良房- ・京都新聞

総合プロデュース:井村優三