次回の予定 Upcoming

開館記念特別展 山口 晃 -ちこちこ小間ごと-
Inaugural exhibition YAMAGUCHI Akira Exhibition

2021.07.06(火) ~ 2021.11.07 (日)

 日本絵画の古来用いられてきた伝統的手法を巧みに取り入れながら、油絵の技法で独自の視点から現代の日本社会を鋭く描き出す山口晃。時にシリアスに、時にユーモラスな作品は国内外から高い人気を誇り、絵画をはじめとして、立体、新聞雑誌の挿画やインスタレーション、そして2018年からは漫画の連載も開始され、幅広いジャンルで存在感を放っています。
 鍵善良房では、山口が「お菓子とお茶のある風景」をテーマで描いてくださった作品を、手提げ紙袋に使用しています。このご縁から本展覧会の開催の運びとなりました。初公開となる京都にまつわる書籍・雑誌の挿画や、2008年から2014年にかけて手がけられた、五木寛之氏による新聞連載小説『親鸞』の挿画全1052回より、珠玉の原画を中心にご紹介いたします。
山口晃の多彩な魅力あふれる世界をご堪能ください。

 会期中は、山口のアイデアスケッチをもとに鍵善良房が誂えた特製和菓子を、ミュージアムショップZplusにて限定販売するとともに、鍵善良房では特別メニューをご用意いたします。展覧会と合わせてお楽しみいただければ幸いです。

  • 《新京都百景 志賀街道 子安観音》2017 『京』No.193 (日本新薬株式会社刊)掲載 全期間展示 ©YAMAGUCHI Akira, Courtesy of Mizuma Art Gallery
  • 山口晃《山鉾巡行》2013『婦人画報』2013年8月号 (ハースト婦人画報社刊)掲載 前期(7/6-9/12)展示 ©YAMAGUCHI Akira, Courtesy of Mizuma Art Gallery
  • 山口晃《鍵善良房手提げ紙袋》2013 全期間展示 ©YAMAGUCHI Akira, Courtesy of Mizuma Art Gallery
  • 山口晃《五木寛之著 新聞連載小説『親鸞 完結篇』挿画》2013 前期(7/6-8/9)展示 ©YAMAGUCHI Akira, Courtesy of Mizuma Art Gallery

展覧会基本情報 Information

開館時間:10:00〜18:00(⼊館は17:30まで)

Opening hours 10:00-18:00(Admission until 17:30)

休館⽇:毎週⽉曜⽇(祝休⽇の場合は翌平⽇)

Closed Every Monday,Closed due to the installation of exhibits,New Year's Holiday Closure

入館料:⼀般1000円、⼤学・⾼校・中学⽣700円、⼩学⽣以下無料 ※障がい者手帳などお持ちの方は700円

Admission: Adult 1,000 yen ・Students 700 yen ・Elementary school students or younger Free

特別協力:ミヅマアートギャラリー
Special thanks: MIZUMA ART GALLERY


-----
前期7月6日(火)ー9月12日(日)  後期9月14日(火)-11月7日(日)
※前期、後期でほぼすべての作品が替わります。
※《『親鸞』挿画》は7/6(火)-8/9(月祝)、8/11(水)-9/12(日)、9/14(火)-10/17(日)、10/19(火)-11/7(日)で
4回展示内容が替わります。
-----


主催:ZENBI -鍵善良房- ・京都新聞

協賛:ソニー・ミュージックエンタテイメント

総合プロデュース:井村優三